Logo

OrderCloud

次世代のヘッドレス・コマース・プラットフォームで、ビジネスを拡大し、あらゆるチャネルで販売し、コマース戦略の将来性を確保しましょう。

App screenshot

OrderCloud - プロモーションの作成

OrderCloud にはプロモーションコードの管理をする仕組みが提供されており、Headstart ではこれを利用することが可能となっています。今回は、新しいプロモーションコードを作成して動作確認をしてみたいと思います。




OrderCloud - バンドル製品の作成

セット製品の販売をする場合、バンドルという形で商品を登録したい場合があります。今回は、すでに登録されている2つの製品をバンドルという形で商品として登録していきます。


OrderCloud - ファセットを作成する

前回は商品を登録しましたが、商品に関してのファセットを用意したいというケースがあるかと思います。複数の製品を登録して、ファセットで絞り込みができる動作の確認をします。




Sitecore OrderCloud 関連情報の整理

これまで Sitecore OrderCloud に関しては Tips 的な感じで情報を出していましたが、今回は過去の記事を利用してどういうものが今触ることができるのか、を過去の記事の紹介と合わせて展開します。





Next.js Commerce と OrderCloud の連携

Next.js Commerce との連携の手順を以前にも紹介していましたが、時間が経ったこともありアップデートがあります。今回は、最短で立ち上げるための手順を改めて紹介したいと思います。






Headstart デモ環境を構築する - Part 6 Sendgrid にサンプルのメールを設定する

Sitecore Headstart のデモは Sendgrid を利用してメールを送信する形で構築されています。この部分は将来的には Sitecore Send に置き換えることも可能ですが、現状では Sendgrid のメールをセットアップしておくことでいくつかのメールが自動的に動くようになっています。今回はこれのセットアップに関して説明をします。


Headstart デモ環境を構築する - Part 5 サンプルデータの準備

ミドルウェアが起動するようになったので、ミドルウェア経由で Headstart のデモ環境を立ち上げるために必要なデータを揃えていきます。まず最初にマーケットプレースを作成し、そこに初期データを入れていきます。今回は日本のデータセンターを使うための手順も少し入ってきますので、海外のデータセンターを利用する際にはその点は読み替えて進めてください。





Headstart デモ環境を構築する - Part 1 環境を整備する

Sitecore OrderCloud のサンプルサイトでもある Headstart を立ち上げるための手順を紹介します。以前にも記事で紹介をしましたが、あまり説明もなく手順のみが記載されていたのでよくわからない形だったかと思います。実は日本のデータセンターも選択することができるようになったので、この部分も含めてもう少し細かいステップを含めた手順で紹介をしていきます。


Sitecore OrderCloud に関するニュース一覧

2022年1月27日に、Sitecore の新しいコマースソリューションとなる Sitecore OrderCloud の製品に関する発表を実施しました。このイベントを皮切りに日本でのビジネスをスタートすることになります。紹介をした内容はまた別途ブログで紹介をするとして、今回は掲載された記事一覧を紹介します。


Sitecore OrderCloud Headstart - macOS で動作させる

これまで Sitecore OrderCloud の展開に関して、このブログでは Windows の環境で Visual Studio を動かして手順を紹介していました。これは macOS の上でも動くでしょうか?今回は、環境を macOS に変更をして、前回まで動かしていたリポジトリのソースコードを使いながら確認をしていきたいと思います。