Published on

Vercel に展開する

Authors

これまで作成をしてきた Web サイトを Vercel に展開したいと思います。シリーズの最初の頃に立ち上げたサーバーに対してサンプルのデータを展開、合わせて Vercel に展開する手順を紹介していきます。

実施する手順に関して

今回実行する内容は以下のようになります。

となります。関連ブログ記事としては以下のものがあります。

サーバーにアイテムを展開する

すでに手元にプロジェクトとしてアイテムが同期されているのを前提として、Sitecore CLI を利用してサーバーに接続します。まず、コマンドでつながることを検証するために、Index のビルドが可能か確認をしてください。

dotnet sitecore login --cm https://yourcm.server --auth https://yourid.server --allow-write true
dotnet sitecore index schema-populate
vercel

実行できていれば、コマンドラインで接続できている形となります。以下のコマンドで、手元のアイテムをサーバーに展開します。

dotnet sitecore ser push

コンテンツエディターを参照すると、アイテムが追加されていることがわかります。

vercel

/sitecore/system/Settings/Services/API Keys の下に新しい API キーを作成して、作成した API キーを公開してください。

最後に、これまで作成していたプロジェクトの中から、 docker\build\cm\Data\App_Config\include\zzz\sitecoredemo-jp.config のファイルを、サーバーの App_Config\include\zzz のフォルダにコピーをして準備が完了となります。

Vercel に展開する

Vercel にログインをして、プロジェクトを作成します。これまでと違い Next.js のプロジェクトは src\rendering のフォルダの下にあるため、プロジェクト作成の際の Root Directory で上記のフォルダを指定してください。

vercel

また、Environment Variables に関しては以下の2つの項目を追加します。

  • SITECORE_API_HOST: サーバー名
  • SITECORE_API_KEY: サーバーで作成した API キー(インターネットでつながるホスト名である必要があります)
vercel

これで Deploy ボタンをクリックしてください。しばらくすると Build が完了となり、CMS と連携しているサイトが立ち上がります。

vercel

まとめ

今回はプロジェクトのコードを GitHub に展開して、GitHub と連携させて Vercel にサイトの展開をしました。これは前回のタイミングでローカルで動かしたものを、インターネット上にある CMS サーバーと Vercel で実現したことになります。