Published on

Sitecore CLI を利用してアイテムのインポート

Authors

前回は Next.js のテンプレートをプロジェクトに追加しましたが、この段階では Sitecore には何もデータが無いためエラーとなります。そこで、Sitecore CLI を利用して、サンプルデータをインポートしたいと思います。

Sitecore CLI のインストール

データをインポートするためのツールに関して、今回は Sitecore CLI を利用します。インストールに関する手順は以下のブログですでに紹介をしています。

今回はプロジェクトのトップでコマンドを実行していきます。

dotnet new tool-manifest
dotnet nuget add source -n Sitecore https://sitecore.myget.org/F/sc-packages/api/v3/index.json
dotnet tool install Sitecore.CLI

これでインストールは完了となります。

cli

初期設定

Sitecore CLI を利用するにあたっての初期化を実行します。

dotnet sitecore init

続いてリストを確認すると、必要なプラグインがインストールされます。

dotnet sitecore plugin list
cli

これで一通り設定が完了となりますが、以下のファイルに関しては GitHub のリポジトリにコピーされないように、.gitignore に設定を追加してください。

# may contain OAuth secrets, do not commit
.sitecore/user.json

# NuGet cache for Sitecore CLI
.sitecore/package-cache/

Sitecore CLI でコンテナで起動している Sitecore に繋がるか調べるために、以下のコマンドを実行します。

dotnet sitecore login --cm https://cm.sitecoredemo.localhost --auth https://id.sitecoredemo.localhost --allow-write true
dotnet sitecore index schema-populate                                                                                   
cli

コマンドラインで Sitecore にアクセスできることを確認できました。

アイテムを準備する

インポートをするアイテムですが、以下の GitHub のリポジトリから入手することができます。

対象のファイルは以下の通りです。

  • src/*.json ファイル
  • src/items フォルダ

上記2つに関して、同じ階層にファイルをコピーしてください。コピーをした後のファイルは以下のようになります。

cli

Sitecore にインポートをする

上記のアイテムをインポートをする際には、以下のコマンドを利用することでインポートが可能です。

dotnet sitecore ser push
cli

アイテムがインポートされました。Sitecore のコンテンツエディタにアクセスすると以下のようになっています。

cli

まとめ

今回は Next.js のテンプレートで利用するサンプルのアイテムを Sitecore CLI で一括インポートを実施しました。次回は、Next.js と Sitecore を接続してページの表示ができる手順を紹介します。