Published on

Next.js サンプルサイトの追加(後編)

Authors

前々回に Next.js のテンプレートの準備を、前回はそれを利用するための Sitecore にアイテムをインポートする手順を紹介しました。今回は Next.js の設定を変更して、Sitecore のアイテムを参照してページが表示されるところまで紹介をします。

設定ファイルを反映させる

テンプレートを作成すると以下のファイルが生成されています(プロジェクト名によって .config ファイルの名前が変わります。

  • src\rendering\sitecore\config\sitecoredemo-jp.config

ファイルを反映させたあと、以下のコマンドでコンテナに反映させます。

docker-compose build cm

これで CM サーバーに対して設定ファイルを反映させることができました。

Next.js のローカルプロジェクトのテスト

src\rendering.env のファイルに対して、SITECORE_API_KEY と SITECORE_API_HOST の項目を設定してください。前者はすでに作成している API キーを、後者はホスト名を設定する形です。この2つの項目を設定した後、以下のコマンドでローカルで起動します。

jss start:connected

しばらくすると、下記のようにページが表示されます。

nextjs

まとめ

実際には3回に分けてサンプルサイトの立ち上げ手順を紹介しました。Next.js のサンプルをプロジェクトに追加して、実際に Sitecore で利用するアイテムを展開、そして接続という形でした。実際の作業的には1時間もかかりませんが、ステップを踏んで紹介するために3回に分けた形です。次回はローカルではなく、Vercel に展開して表示していきます。