Published on

Google Tag Manager を利用して Sitecore CDP にデータを送信する方法

Authors

今年、買収をした CDP の会社の製品は、Sitecore CDP という製品名となってリリースされることになります。今後は CDP のタグを利用して、ブログでも紹介していけたらと考えています。今回は、Google Tag Manager を通じて CDP のタグを挿入する手順について紹介をします。

Google Tag Manager を利用する理由

多くの Web サイトでは Google Tag Manager を利用しています。Tag 管理ツールは他にも色々とありますが、このブログサイトも Google Tag Manager を利用していることもあり、サンプルとして利用することにします。

タグマネージャとの連携

まず最初に、Google Tag Manager の管理サイトにログインをしてください。例えば私のサイトだと以下のようになります。

GTM

新規ボタンをクリックします。

GTM

まず、トリガーを作成します。上記画面の下部にあるトリガーをクリックします。

GTM

今回は DOM Ready を対象としたトリガーを作るため、右上の + をクリックします。トリガーの設定をクリックすると以下の画面に切り替わります。

GTM

一番上にある DOM Ready を選択して、トリガーの名前も DOM Ready にします。

GTM

作成したトリガーを保存して、タグの作成画面まで戻ります。

GTM

タグの設定、カスタム HTML タグの挿入を選択します。

GTM

入力するのは以下のコードを参考に入れてください。もちろん、環境、バージョンに合わせて変更する必要があります。

<script>
    ( function() {
        window._boxever_settings = {
           client_key: "boxever5xx33zz44gggydzk",
           target: "https://api.boxever.com/v1.x",
           cookie_domain: "boxever.com",
           javascriptLibraryVersion: '1.4.X',
           pointOfSale: "boxever.com",
           web_flow_target: "https://abcdef.cloudfront.net" 
        }
        // load boxever.js
        var s = document.createElement('script');
        s.type = 'text/javascript';
        s.async = true;
        s.src = 'https://abcdef.cloudfront.net/boxever-' + window._boxever_settings.javaScriptLibraryVersion + '.mini.js';
        var x = document.getElementsByTagName('script')[0];
        x.parentNode.insertBefore(s, x);
    })();
</script>

タグの名前を今回は Sitecore CDP としました。

GTM

これで準備が完了しました。

GTM

公開ボタンを押して、タグをページに展開します。

GTM

動作確認

実際にソースコードを参照しにいくと、以下のように事前に設定していた内容が追加されていることがわかります。

GTM

まとめ

Sitecore CDP の導入に際して、すでに Google Tag Manager や同等のタグ管理ツールを利用している場合は、個別にページに埋め込んでいく必要がなく、タグ管理を通じてサイトのページに埋め込みが可能です。もちろん CMS 連携でタグを入れるということも可能ですが、CMS で管理していない対象外のページも含めて、Sitecore CDP の機能を利用できる形となりますので、タグ管理ツールと連携するのが楽ですね。

参照サイト