Published on

Sitecore XM シリーズ - セットアップ

Authors

これまで Sitecore Experience Platform (以下XP)のデモ環境のセットアップを紹介してきましたが、今回は CMS のみのインスタンスを立ち上げる Sitecore Experience Manager (以下 XM)の環境をセットアップしていきます。

前提条件

今回は、以下の環境が整っていることを前提として、セットアップを進めていきます。

  • Windows Server 2019 Standard
    • Microsoft Azure の仮想マシンとして起動
  • SQL Server 2019 Standard
  • Visual Studio Code

パッケージの展開

Sitecore のサイトから XM のファイルをダウンロードします。今回は、10.1.1 をダウンロードします。

  • Sitecore 10.1.1 rev. 005862 (Setup XM1 Developer Workstation rev. 1.2.3-r6).zip

この zip ファイルを c:¥projects¥sif のフォルダに展開します。

XM

展開をしたフォルダに License.xml のファイルをコピーしてください。

モジュールのインストール

展開をしたフォルダにある setup.exe を起動します。すると Sitecore Install Assistant の Welcome 画面が表示されます。

XM

Start ボタンを押すと次の画面に切り替わります。この画面に表示されている Install のボタンをクリックすると、Windows Server に必要な設定が一通り自動的に実行されます。

XM

インストールが完了すると、再起動をしてくださいというメッセージが出てきますので、再起動を実行します。

Solr のインストール

ここからは c:¥projects¥sif のパスあるファイルを利用してインストールの手続きを進めていきます。まず、Solr のエンジンをインストールするために、以下のコマンドを実行してください。

Install-SitecoreConfiguration .\Solr-SingleDeveloper.json
XM

このコマンドで Solr のインストールが完了して、サービスとして起動するようになります。

インストールスクリプトの変更

上記のフォルダに、XM1-SingleDeveloper.ps1 というスクリプトが準備されています。このファイルの、以下の項目を変更してください。

項目説明
$PrefixDB や インスタンスXM1
$SitecoreAdminPasswordadmin のパスワードb
$SCInstallRootインストールのルートc:¥projects¥sif
$SitecoreContentManagementSitenameCMS の URL$Prefix.cm
$SitecoreContentDeliverySitenameデリバリーサーバーの URL$Prefix.cd
$IdentityServerSiteNameIdentity Server の URL$prefix.identityserver
$SolrUrlSolr の URLhttps://localhost:8983/solr
$SolrRootSolr インストール先C:\Solr-8.4.0
$SqlAdminPasswordSQL Server のパスワードpassword

変更をしたあと、Powershell から以下のコマンドで実行をしてください。

.¥XM1-SingleDeveloper.ps1
XM

インストールが完了すると、IIS 管理ツールを開くと3つのインスタンスが追加されています。XM1 の構成となるため、CM サーバー CD サーバー、Identity Server の3つのインスタンスになります。

日本語リソースのインポート

管理画面でログインをして、Desktop を開き、右下にあるデータベース名を Core に変更をします。

XM

Control Panel を開き、Localization - Add a new language をクリックします。ここで Japanese(Japan):日本語(日本) を選択します。

XM

日本語のリソースをダウンロードします。

  • Sitecore 10.1.1 rev. 005862 (ja-JP).zip

このファイルを Sitecore の管理ツールをインストールしているパスの App_Data に展開します。

XM

その後 iisreset を実行して再起動すると管理画面が日本語になります。

XM

まとめ

これまでの Sitecore Experience Platform の環境と大きな違いとしては、XM は CM と CD に分かれて展開していることです。これにより、モジュールのインストールなどの手順も変わってきます。いくつかのモジュールのインストール手順に関して、今後順次紹介をしていきます。

関連サイト