Published on

Moosend - 初期設定を進めていく 後編

Authors

前回、送信者に関しての設定およびリストの作成まで進めました。今回はリストの作成、送信テストまで進めていきます。

最初のメールを送信する

上記の設定まで完了していると、以下のようにチェックマークが増えてメールの送信のみ、となります。

Moosend

では早速メールを作成していきましょう。クリックをすると以下の画面に切り替わります。

Moosend

キャンペーンの作成

今回はレギュラーキャンペーンを作成します。ポップアップが表示されているボタンの Create をクリックします。キャンペーンを作成するために必要な項目が設定されます。項目は以下のような用途となります。

項目概要
Campaign Nameキャンペーンの名前、ツール内での管理用
Subjectメールの件名
Preview Text多くのメールアプリケーションで利用しているティザーテキスト部分
Senderメールを送信する際の From を指定します
Reply toメールの返信先として利用する reply-to の項目になります
Send confirmation toプラン名を選択

手始めに以下のように設定しました。

Moosend

リストの選択

Next のボタンをクリックするとメーリングリストの一覧が表示されます。

Moosend

事前に作成をしておいたリストを選択して、Next をクリックします。

メールのタイプを選択する

続いて表示されるのがメールのタイプです。HTML とプレーンメール、もしくはテキストのみのどちらかを選択できます。

Moosend

今回は HTML and plain text を選択します。

キャンペーンのテンプレート作成

次の画面では、キャンペーンの作成となります。

Moosend

まだ初期設定で何もないので、Take me to the Editor をクリックします。するとメール編集画面に切り替わります。

Moosend

左上のポップアップにあるように、Template Library があるので、これをクリックします。

Moosend

数多くのテンプレートが表示されました。Preview Template をクリックすると画面上でサンプルのデータを入れたプレビューを見ることができます。

Moosend

左側ではカテゴリが表示されています。今回は Blog のジャンルに切り替えました。

Moosend

ここから、Typical Blog Newsletter のテンプレートを選択します。

Moosend

User template をクリックすると下のように画面が切り替わります。

Moosend

左側にある項目を必要に合わせてドラッグ&ドロップで配置することができます。この画面はメールの編集もできるようになっています。テキストをクリックしてください。

Moosend

リンクなどは左側の設定の項目が変更されて、値を設定することができます。

Moosend

項目を設定していく必要がありますが、今回は手間なのでエレメントを削除しました。ということで1つの記事だけのメールということで、以下のような画面になります。

Moosend

せっかくなので本文に名前を設定しましょう。リッチテキストを入力する項目に、Recipient Name の項目があるので、これを選択します。

Moosend

あとはフッターのあたりを仕上げます。出来上がりに関しては上のメニューにある Preview をクリックすることで、画面で確認することができます。タブレット、スマホのプレビューも切り替えれます。

Moosend

メールのテスト

上のメニューに Send Test の項目があるのでクリックをします。すると左側にメールアドレスを入力する項目が表示されます。メールアドレスを入力して、+ のボタンをクリックすると、下のような画面になります(メールアドレスは画面からは削除しています)。

Moosend

Send Text のボタンをクリックすると、作成したテンプレートで指定したメールアドレスにテストメールが送信されます。

Moosend

作業が完了、ということでウィンドウの右上にある Update Campaign & Continue をクリックします。

Span and Delivery Test

編集画面が切り替わると、下記のように画面が切り替わります。

Moosend

今回はコンテンツのスパムテストを実行します。Content spam test のタブに切り替えます。タブを切り替えると、さまざまなメールサービスに対しての迷惑メール判定を実行している様子を確認することができます。

Moosend

以下の画面は、SPF の設定がされていない場合に表示されるエラー画面になります。

Moosend

SPF の項目は、DNS のレコードに追加するべき内容が含まれていない、ということになります。この設定は前回紹介していますので、このエラーが出た場合は DNS のレコードの追加をしてください。それ以外にいくつか警告が出ている場合に関しては、別途対処していきます。テストメールが出ていれば今回はこのまま進めていきます。

配信時間の設定

最後の設定項目は、配信時間の設定を入力します。画面は以下の通りです。

Moosend

今回はすぐに送信したいので、デフォルトの設定のままとします。時間指定する場合は、Schedle thsi campaign to be sent out at a future datte and time を選択して時間を指定してください。

配信前の確認

最後に配信前の確認画面が表示されます。メールの内容、配信の設定、タイトルなどもろもろです。

Moosend

今回は変更点はないので、このまま送信するため画面の一番下に配置されている Send のボタンをクリックして送信します。画面が切り替わり、送信状況の画面に切り替わります。

Moosend

配信後の確認

配信が完了すると、完了メールの送信先に設定しているメールアドレスに送信されます。

Moosend

ダッシュボードを参照しにいくと、チェックリストからレポートの画面に切り替わります。

Moosend

Open レートは、HTML メールの画像をダウンロードすることで取得します。Link Clicks はメールに設定されている記事の URL をクリックするとカウントされます。また購読しないを選択した場合は、 Unsubscribed に追加されます。このように、メールを送るとどういう結果になったのか、というのがレポートで表示されるようになります。

Moosend

左下にあるこれは最初のメールですの部分を見ると4名に配信済み、というのが確認できます。このレポートの Actions の中にある目のアイコンをクリックすると、ニュースレターのレポートを参照できます。以下がその画面です。

Moosend

別のレポートとして Link Performance というレポートがあります。これはどういうリンクがクリックされたのか、がわかる形です。

Moosend

またクリックしている人のロケーションも参照できます。

Moosend

このように、メールを送った後にレポートをすぐ参照できるのは非常に便利ですね。

まとめ

Moosend 概要シリーズとして、最初のニュースレターを配信するところまで紹介をしました。もう少しネタを集めて、活用シリーズを別途追加したいと思います。とはいえ、4回に分けて紹介をしましたが、非常に簡単に始めることができるニュースレターツールです。まずはスモールスタートで、という形であれば 1000 人までは無料で使えるので、設定、運用の確認なども踏まえて、無料版の評価はぜひしていただきたいところです。