Sitecore

  • Published on
    Sitecore Experience Commerce 10.1 に関するインストールの手順を2回に分けて紹介をしました。今回から数回に分けて、標準で実装されている Commerce のモックとなるサイト、Storefront の設定について紹介をしていきます。
  • Published on
    Sitecore の開発をしていく上では Docker の環境を使って、というのが 10.1 以降は利用できるようになりました。とはいえ仮想マシン上で手軽に立ち上げることもできるので、今回はその手順に関して紹介をしていきます。
  • Published on
    Sitecore はオンラインセミナーを実施しており、過去の Webinar に関しても参照することができます。ここでは参照できる Webinar のシリーズを一覧で紹介しており、新しいコンテンツが公開されたら随時追加しています。
  • Published on
    この記事では Sitecore のデモ環境の構築、デモの手順などをまとめていきます。また各種インストールに関しても紹介をします。最新のデモに関連するコンテンツは、Demo のタグを参照すると見ることで確認ができます。
  • Published on
    Sitecore のデモの構築に関して2回ほど手順を紹介していきました。どちらの手順でも、Docker の環境ファイルとして .env ファイルに値が設定して動作するようにしています。今回は、この項目の変更として、ドメインに関する部分を変更する手順を紹介します。
  • Published on
    Sitecore のデモ環境である Sitecore.Demo.Platform のソースコードを利用して、デモ環境を立ち上げたいと思います。環境はすでに Windows Server で Docker の環境を整える まで終わっていることを想定して進めていきます。
  • Published on
    今回は、Microsoft Azure 上で展開する仮想環境にて、Docker が動く環境を整備していきます。Windows 10 Pro では Docker for Desktop を利用する形が一番シンプルですが、今回は Windows Server 2019 ベースでの環境を整えていきます。
  • Published on
    ちょうど 2 週間後になりますが、6月3日にサイトコアのオンラインセミナーで、Cookie をトピックとして取り上げる内容で登壇します。このセッションは海外でも実施している内容を、日本で展開するという形ですが、海外のあちこちで Sitecore もセミナーをやっているので、いいところどりのセッションにしたいと思います。
  • Published on
    Sitecore JSS の開発をする場合、Node.js が動けば問題ないため macOS の環境でも開発が可能です。しかしながら、Sitecore は Windows の環境で動作する形となるため、別途環境を整える必要があります。今回は、VMWare Fusion を利用して Sitecore JSS の開発をするための環境を整える方法を紹介します。
  • Published on
    以前に展開していた Wordpress のサイトで展開していたコンテンツを、すべて移行しました。合わせて Sitecore に関する情報を少し追加します。
  • Published on
    Sitecore 9.3 以降からはメディアのファイルの保存場所として、Azure Storage を利用できるようになりました。このモジュールを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。
  • Published on
    Sitecore 9.3 以降からはメディアのファイルの保存場所として、Azure Storage を利用できるようになりました。このモジュールを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。
  • Published on
    Sitecore のデモサイトとしてイベントなどでも紹介している、Sitecore HabitatHome Platform は Github にてすべてのソースコードが展開されています。インストールの手順も半自動化しているため、慣れてしまえば半日もあればデモサイトの準備をすることができます。
  • Published on
    2019年12月17日にサイトコア株式会社として4回目の年次イベントを開催しました。昨年から開始した Developer Track にて2つのセッションを担当しました。今回の実施にあたって、セッション中のデモはすべて動画を使う形としていたので、セッション終了後に新作のデモ動画ということで YouTube にアップしました。