Sitecore Content Hub – 日本語リソースの追加

今回は Sitecore Content Hub の管理画面に関する手順を紹介します。Sitecore Content Hub は管理画面として、英語のユーザーインターフェイスを提供しています。今回は、日本語のユーザーインターフェイスを追加する手順を紹介します。

言語の追加

Sitecore Content Hub の新しいインスタンスを立ち上げると、以下のように英語のユーザーインターフェイスになっています。

標準の管理画面

言語の追加に関しては、管理画面で実行することができます。右上にあるアイコンの右から2つ目のアイコンをクリックすることで、管理画面に移動することができます。

管理画面

言語の追加は「Portal Language」のツールになります。アイコンから選択するのもよいですが、上の検索ボックスを利用すると素早く見つけることができます。

Portal Language を選択

右上にある Portal Language のボタンをクリックして、 ja-JP の定義を追加します。

ja-JP の追加

これで言語の追加手順は完了しました。

リソースの追加

続いて日本語リソースを追加します。日本語のリソースファイルは Excel のファイル形式で提供しており、1つのファイルをインポートすることで、日本語の管理画面に切り替わります。

言語リソースの管理に関しては、管理画面にある Translation を選択します。

Translation を追加

Translation の画面の右上に、Import / Export のボタンがあります。今回は Import をクリックして、Excel のリソースファイルをインポートします。

言語リソースの追加

リソースの追加の実行状況に関しては、ユーザーの Jobs から確認することができます。

Jobs でインポートの状況を確認する

インポートが完了したあとは、次のステップに進んでください。

インポートが完了しました

キャッシュをクリアする

インポートしたリソースは随時反映されますが、キャッシュをクリアすることで即時反映させることができます。日頃の運用ではあまり利用しませんが、UI の変更やリソースの変更をした際には、キャッシュのクリアですぐに確認ができます。

手順は非常に簡単で、管理画面にある「Cache」ツールを起動して、クリアを実行するだけです。今回はすべてのキャッシュをクリアしました。

Clear all を実行

言語を切り替える

管理画面の言語に関しては、ユーザーが選択することができます。今回、日本語を追加したことで、言語選択のダイアログに日本語が追加されました。追加方法は、右上にあるプロファイルのアイコンをクリックして、「Change Language」をクリック、日本語を選択するだけです。

言語の切り替え

まとめ

以上の手順で、Sitecore Content Hub の管理画面において、日本語を使うことができるようになりました。同様に他の言語のリソースを作成、インポートすることで、Sitecore Content Hub の管理画面を多言語で利用できるように拡張することができます。

関連情報

Sitecore Content Hub の導入ガイド – はじめに

Sitecore Content Hub はデジタルアセット管理( DAM )、プロジェクト管理( MRM )、コンテンツマーケティング支援 ( CMP )、製品情報管理 ( PCM ) と様々な機能が提供されているプラットフォームです。この製品は SaaS ( Software as a Service ) として提供しており、インフラに関しては定期的に新機能が提供されている形です。

とはいえ、どういう風に最初は実装していくことができるでしょうか?このシリーズでは最初のステップを紹介していきます。

このシリーズの目次は別のページにまとめました。こちらをご覧ください(2020年3月13日追記)

Master Sitecore Webinar シリーズ

Sitecore では Master Sitecore と題して、Webinar を実施しています。すでに終了しているものはオンデマンドでいつでもご覧いただけます。

今後のスケジュールに関しては随時追加していきます。また、日程の変更、内容の変更なども可能性としてはあります、ご了承ください。

Sitecore Content Hub 紹介ビデオ

昨年買収して、今年から発売を開始している Sitecore Content Hub という製品はどんなものか?というのを5分にまとめた動画を作ってみました。

ここで紹介をしている機能は以下の通りです

  • Sitecore DAM
  • Sitecore MRM
  • Sitecore CMP
  • InDesign Connector 連携

短いビデオですので、ぜひ全部ご覧ください。

サイトコアの製品ラインナップ

まず最初に、Sitecore の製品ラインナップに関して紹介します。製品群としては2種類のものを提供しています。それぞれ紹介をします。

Sitecore Experience Platform

この製品群はもともと Sitecore 社が創業したときに開始をした Sitecore CMS という製品から成長してきたもので、現在はマーケティングプラットフォームとして提供しています。製品のタイプとしては以下の3つがあります。

  • Sitecore Experience Platform
  • Sitecore Experience Manager
  • Sitecore Experience Commerce

それぞれのエディションは以下のような違いがあります。

Sitecore Experience Platform

Sitecore が提供する基本機能として提供している製品で、コンテンツ管理、マーケティングツールなどを提供しています。一番多くのお客様に導入していただいている製品となります。

Sitecore Experience Manager

コンテンツ管理のみに機能を絞り込んだ製品となります。コンテンツ管理だけでも非常に便利ですので、まずスモールスタートで Sitecore を導入したい、という場合に選択していただく形です。Sitecore Experience Platform へスムーズなアップグレードが可能です。

Sitecore Experience Commerce

EC サイトにおいてマーケティング活動というのは不可欠ですが、EC パッケージに付属の CMS ではなかなか大変、というお客様に提案をさせていただいています。実際にユーザーの行動履歴に合わせたパーソナライズが可能な Sitecore Experience Platform の機能をすべて利用することができ、かつ Commerce サイトで必要とされるカート機能なども含めて利用することができます。

Sitecore Content Hub

この製品群は 2018年に買収したベルギーの Stylelabs の製品となります。機能としては大きく4つあり、どの機能を利用するかは契約によって変わります。なお、Sitecore Content Hub は SaaS で展開しているため、サーバー費用なども含めたライセンス費用になると考えてください。

  • Sitecore DAM – デジタルアセット管理
  • Sitecore MRM – マーケティングリソースマネージャー、マーケティングを実践するためのコスト管理なども含めて、幅広く利用することができます。
  • Sitecore CMP – コンテンツマーケティングのためのツール
  • Sitecore PCM – 製品情報管理

それぞれの製品や機能、特徴に関しては今後ブログの記事とかで掘り下げていきたいと思います。

関連情報