Published on

Sitecore CLI を利用してコンテンツのエクスポート

Authors

前回の Sitecore CLI を利用してコンテンツのインポート の設定の状況から、Sitecore にアイテムを作成してエクスポートをする手順を確認します。インポート、エクスポートができるようになることで、作成したデータをコードで管理することが簡単にできるようになります。

アイテムを作成する

インポートの定義に関しては、src\Foundation\Multisite\Multisite.module.json のファイルに以下のように記述されています。

{
  "namespace": "Foundation.Multisite",
  "items": {
    "includes": [
      {
        "name": "templates",
        "path": "/sitecore/templates/Foundation/Multisite"
      }
    ]
  }
}

そこで今回は、Multisite のフォルダの下にアイテムを1つ、同じ階層に1つ作成をします。作成後のツリーは以下の通りです。

sample

この状態で、エクスポートのコマンドを実行します。前回は push でしたがこれが pull となります。

dotnet sitecore ser pull

sample

1つのアイテムがサーバー側で作成されていることを確認して、yaml ファイルが作成されました。実際のフォルダ構成を見ると以下の通りです。

sample

underfoundation に関しては json で指定しているパスの配下にないためエクスポートは実行されていません。一方、パスの配下にある undermultisite のアイテムは yaml ファイルとしてエクスポートされているのがわかります。

まとめ

実際に Sitecore 側で作成をしたアイテムをファイルとしてエクスポートすることができました。もちろん、ファイルをオフラインで編集してインポートし直すことも可能です。インポート、エクスポートに関して、設定ファイルを準備して分けることで、フォルダを利用して管理をすることができます。Sitecore CLI を利用することで、コードでの管理が可能となり、バックアップ、リストアがしやすくなります。開発、テストの際には不可欠な機能となっています。