Published on

Moosend と Sitecore Send の紹介

Authors

昨年、このブログでも紹介をした Moosend のサービスを、Sitecore としてのサービスとして Sitecore Send という形で企業向けのサービスとして展開を開始しました。改めて製品の紹介と 2 つの製品の違いは何か?というのを今回は紹介します。

Moosend のサービス

Moosend はメール配信サービスでマーケティングオートメーションの機能を提供しています。申し込みをすると 30 日間限定で Pro と同じ機能を提供しています。サービスの便利な機能を上げていくと以下のような感じです。

公式サイトは以下の通り。

機能一覧としては Product のメニューを開くと表示されます。

moosend

機能は今後随時紹介していきますが、サービスの特徴は以下のような形です。

  • メール配信数ではなく、メール購読者数をベースとした料金体系
  • ランディングページ・購読フォーム機能の提供
  • 使いやすいメール作成ツール
  • 画像の切り取り、リサイズツール
  • カウントダウンタイマー
  • メールの開封・クリック・開封地域などのレポート
  • メールのヒートマップ
  • A/B テスト
  • API 連携

想定しているお客様像は上の画像の右側に記載されているように、

  • E コマース
  • エージェンシー
  • 旅行
  • 出版社
  • SaaS サービスを提供

エージェンシー以外においては API 連携の機能をうまく使っていくシナリオになっています。エージェンシーに関しては、近々別の記事で紹介をさせていただきます。

価格に関して分かりやすく Web サイトで掲載されています。30 日間無料プランを提供しているため、実際のサービスの評価をすることも可能です。

Pro 版に関してはクレジットカードおよび PayPal での支払いをすることができます。

Moosend の 30 日期間限定と Pro、Enterprise に関する機能の違いは以下の通りとなっています。

30 日間無料ProEnterprise
購読者数
メールキャンペーン
トランザクションメール-
ランディングページ
カスタムレポート1
アカウントマネージャー--
チームメンバー1510+
プライオリティサポート--
SMTP Server-
SSO & SAML--
SLA--
Dedicated IP--

100 万を超える購読者数になる場合は Enterprise 版という形で個別にお問合せいただくことができます。Pro 版にはない SSO なども提供しています。もちろん、この Enterprise 版にしかないサービスを利用したい場合は Enterprise 版で申し込みができるようになっています。

インテグレーション

他のシステムとの連携に関して、Moosend の Integration のページを参照するといろいろなサービスがあります。

主な機能として以下のような連携があります。

Sitecore Send のサービス

Moosend のサービスを Sitecore ブランドで提供しているのが Sitecore Send になります。こちらのサービスはオンラインで申し込みをする形ではなく、契約をして利用してもらう企業向けのものとなります。

内容に関しては以下のような形です。

  • Moosend Enterprise と同じサービスで提供(規模は 20万~選択可能)
  • 編集ユーザー数は制限無し
  • 企業向けのためオンボーディングサービスの提供
  • 支払いは請求書払いに対応
  • 将来的な他の Sitecore 製品との連携ツールの提供

ある程度の導入規模になると Sitecore Send が企業としては導入しやすい形となっています。

Sitecore Send のニュース

プレス向けのイベントを 3 月 10 日に実施して、いくつかのメディアで取り上げられました。

まとめ

今回は昨年買収をした Moosend および Sitecore Send に関しての違いという点を紹介しました。Sitecore Send に関して追って色々と紹介をしていきたいと思います。