Published on

Next.js Commerce と OrderCloud の連携 - Middleware と Seller の追加(後編)

Authors

Next.js Commerce と Sitecore OrderCloud の連携で簡単にサイトに管理画面を追加する手順、前回はローカルで動くところまででしたので、今回は最後まで進めていきたいと思います。

これまでの流れ 

Next.js Commerce と OrderCloud を組み合わせたサンプルサイトを立ち上げ、そこに HeadStart の Middleware および Seller のサイトを追加する手順を進めています。前回はローカルで動作させたので、今回はこれをクラウドに展開したいと思います。

OrderCloud の設定を Azure に反映させる

OrderCloud の管理画面から、Azure の設定項目に値を反映させるために、以下の手続きを進めていきます。まず、OrderCloud の管理画面から API Clients を選択、Vercel-Middleware-Connector を選択すると、Client ID および Client Secret を参照することができます。

Nextjs Commerce

この値を、Azure の App Configuration に準備されている項目に反映をさせます。

Nextjs Commerce

Middleware と Seller を展開する

手順としては、以下の手順を進めていきます。

ポイントとしては、以下の形となります。

  • azure-pipelines.yml から job: Build_Buyer の部分を削除します
Nextjs Commerce
  • Release の作成に関しても buyer の部分は省略します

パイプラインが出来上がったあと、Middleware Test にマウスカーソルを合わせて、Deploy のボタンをクリックすると展開が始まります。

展開後の調整

Middleware および Seller のアプリが展開できました。動作に必要な最後の手順を進めていきます。

手順としては、Middleware が App Configuration を参照して起動するところのみとなります。

まとめ

Buyer のサイトに関して Next.js のサンプルで立ち上げて、管理画面としては従来の HeadStart と組み合わせるという形で新しいデモサイトを立ち上げることができました。このパターンでのメリットとしては、Next.js をサイトで利用することができるので、トラフィックの多いサイトに対して柔軟な構成を組むことができ、その上で開発もシンプルにすることができるようになります。