Sitecore Content Hub – オプションリストとタクソノミー

Sitecore Content Hub では定義済みのリストとしてはオプションリストとタクソノミーを提供しています。それぞれの仕組みに関して紹介をします。オプションリストとタクソノミーに関しては、管理画面からツールでアクセスすることができます。

オプションリスト

オプションリストのツールを開くと、以下のような画面になります。

オプションリスト

オプションリスト一覧の参照、検索ができるようになっています。実際に個別のリストを参照するために、NewsItemType をクリックすると以下のような画面になります。

NewsItemType を開く

上の画面は、すでにhomeFeatured の項目を選択している状況です。このように、オプションリストの個別の項目に対して識別子が指定されており、その識別子を表示する際のラベルの設定ができています。リストを選択した際に、アセットやデータを表示する際に、その表示言語のデータが入っていることで、同じ識別子を多言語で表示できるようになっています。

タクソノミー

ツールを立ち上げると、様々なタクソノミーの定義一覧がデフォルトで設定されています。

タクソノミー

タクソノミーは、オプションリストのように一覧で管理するだけでなく、システムで利用しているものも多くあります。例えば、M.Final.LifeCycle.Status というタクソノミーを参照すると以下のような形です。

タクソノミーの情報

タクソノミーの識別子に関しては一定のルールで記載することを推奨しています。例えば、M.Final.LifeCycle.Status のタクソノミーではアセットの承認状況に関する識別子として利用しており、Approved (承認済)であれば、M.Final.LifeCycle.Status.Approved という識別子となります。このタクソノミーはシステムで利用しているため、変更をすることはできません。

では別のタクソノミーとして、M.AssetType を開きます。

M.AssetType のタクソノミー

このタクソノミーについては、「ラベル」が指定されています。ラベルを利用することができる識別子に関しては、定義されているデータに対して多言語での表示が可能となります。これを利用して、実際のタグで英語では Water、日本語では 水、という形でタグを持つことが可能となり、このタグで検索をするということができます。

まとめ

Sitecore Content Hub で管理をするデータに関してはデータスキーマを拡張することができます。その際に、テキストなどの柔軟な項目ではなく、定義済みのリストを使ってその中から項目を選択する、という運用をするような場合、このオプションリストとタクソノミーを利用してください。

関連情報

Sitecore Content Hub – 日本語リソースの追加

今回は Sitecore Content Hub の管理画面に関する手順を紹介します。Sitecore Content Hub は管理画面として、英語のユーザーインターフェイスを提供しています。今回は、日本語のユーザーインターフェイスを追加する手順を紹介します。

言語の追加

Sitecore Content Hub の新しいインスタンスを立ち上げると、以下のように英語のユーザーインターフェイスになっています。

標準の管理画面

言語の追加に関しては、管理画面で実行することができます。右上にあるアイコンの右から2つ目のアイコンをクリックすることで、管理画面に移動することができます。

管理画面

言語の追加は「Portal Language」のツールになります。アイコンから選択するのもよいですが、上の検索ボックスを利用すると素早く見つけることができます。

Portal Language を選択

右上にある Portal Language のボタンをクリックして、 ja-JP の定義を追加します。

ja-JP の追加

これで言語の追加手順は完了しました。

リソースの追加

続いて日本語リソースを追加します。日本語のリソースファイルは Excel のファイル形式で提供しており、1つのファイルをインポートすることで、日本語の管理画面に切り替わります。

言語リソースの管理に関しては、管理画面にある Translation を選択します。

Translation を追加

Translation の画面の右上に、Import / Export のボタンがあります。今回は Import をクリックして、Excel のリソースファイルをインポートします。

言語リソースの追加

リソースの追加の実行状況に関しては、ユーザーの Jobs から確認することができます。

Jobs でインポートの状況を確認する

インポートが完了したあとは、次のステップに進んでください。

インポートが完了しました

キャッシュをクリアする

インポートしたリソースは随時反映されますが、キャッシュをクリアすることで即時反映させることができます。日頃の運用ではあまり利用しませんが、UI の変更やリソースの変更をした際には、キャッシュのクリアですぐに確認ができます。

手順は非常に簡単で、管理画面にある「Cache」ツールを起動して、クリアを実行するだけです。今回はすべてのキャッシュをクリアしました。

Clear all を実行

言語を切り替える

管理画面の言語に関しては、ユーザーが選択することができます。今回、日本語を追加したことで、言語選択のダイアログに日本語が追加されました。追加方法は、右上にあるプロファイルのアイコンをクリックして、「Change Language」をクリック、日本語を選択するだけです。

言語の切り替え

まとめ

以上の手順で、Sitecore Content Hub の管理画面において、日本語を使うことができるようになりました。同様に他の言語のリソースを作成、インポートすることで、Sitecore Content Hub の管理画面を多言語で利用できるように拡張することができます。

関連情報

Sitecore Content Hub の導入ガイド – はじめに

Sitecore Content Hub はデジタルアセット管理( DAM )、プロジェクト管理( MRM )、コンテンツマーケティング支援 ( CMP )、製品情報管理 ( PCM ) と様々な機能が提供されているプラットフォームです。この製品は SaaS ( Software as a Service ) として提供しており、インフラに関しては定期的に新機能が提供されている形です。

とはいえ、どういう風に最初は実装していくことができるでしょうか?このシリーズでは最初のステップを紹介していきます。

このシリーズの目次は別のページにまとめました。こちらをご覧ください(2020年3月13日追記)

Master Sitecore Webinar シリーズ

Sitecore では Master Sitecore と題して、Webinar を実施しています。すでに終了しているものはオンデマンドでいつでもご覧いただけます。

今後のスケジュールに関しては随時追加していきます。また、日程の変更、内容の変更なども可能性としてはあります、ご了承ください。

Sitecore Webinar シリーズ開始しました

今週から毎週水曜日、Sitecore の Webinar シリーズを実施することになりました。先ほど1回目が終了し、すでにオンデマンドで確認できるようになっています。

Webinar 申し込みページ

2回目以降のスケジュールは以下のように準備しています。

Webinar シリーズを紹介するランディングページも Sitecore のサイトにて紹介する予定です。Webinar 終了後、しばらくするとオンデマンドも見ることができるようにになりますので、リアルタイムで参加が難しい場合でも、事前に登録していただき、オンデマンドでご覧いただくこともできます。

1回目を見逃した方はまずオンデマンドを、2回目以降も参加登録を受け付けています。是非、ご参加ください。

CRM 連携に関して

Sitecore と CRM を接続するためのコネクターを提供しています。対応している CRM は Microsoft Dynamics CRM と Salesforce CRM の2つになります。コネクターのインストール手順に関して、Sitecore 9.3 に対応したページも用意しました。

仕組みとしては Sitecore とコネクタと連携する仕組みとして Data Exchange Framework というツールを提供しています。これをベースに、Dynamics CRM / Salesforce CRM とは Web サービス経由で連携できるように、それぞれのコネクターを提供している形となっています。

インストールの手順に関して、Salesforce との連携に関しての参考動画も用意しました。

Sitecore blob storage モジュール

Sitecore 9.3 以降からはメディアのファイルの保存場所として、Azure Storage を利用できるようになりました。このモジュールを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 安価なストレージの活用
  • 編集サーバー、配信サーバーで共有できるストレージの展開

説明に関しては英語で以下のページが展開されています。

実際にインストールをしている参考動画も展開をしています。

Sitecore blob storage の設定

手順に関しては、以下のようにまとめています。

Sitecore HabitatHome Platform のインストール手順

Sitecore のデモサイトとしてイベントなどでも紹介している、Sitecore HabitatHome Platform は Github にてすべてのソースコードが展開されています。インストールの手順も半自動化しているため、慣れてしまえば半日もあればデモサイトの準備をすることができます。

より手軽に利用してもらえるように、と日本語でのインストール手順に関して公開をしました。

MSDN などの検証用のライセンスを持っていれば、あとは Sitecore の検証用ライセンスがあれば準備することができます。またこの手順を紹介している動画(時間のかかる部分はダイジェストで)も準備しました。合わせてごらんください。

Sitecore HabitatHome Platform のインストール手順

Sitecore を Docker で動かす – Part 2

前回に続いて、Sitecore を Docker コンテナを利用して展開するための手順を紹介します。今回は2回目です。

  1. Sitecore を Docker で動かす – Part 1
  2. Sitecore を Docker で動かす – Part 2

すでに Docker で展開をするためのイメージが準備できている形ですので、まずはまだ何もコンテンツが入っていない状態の Sitecore を展開するところまで紹介をします。

まず、Sitecore のライセンスファイルを展開時に指定できるように、以下のコマンドを実行します。

Set-LicenseEnvironmentVariable.ps1 -Path C:\projects\docker-images\license.xml

ファイルが認識できれば、.\windows\tests\9.3.x\ のディレクトリに移動して、 docker-compose --file .\docker-compose.xm.yml up を実行してください。この yml ファイルは XM ( CMS Only モード )で起動する形となります。

上記の手順を実行している動画を用意しましたので、そちらをご覧ください。

Sitecore を Docker で動かす – Part 1

Sitecore を Docker の上で動かすことができるのをご存知でしょうか?今回は Docker で動かすための手順を紹介する最初のステップ、Docker の設定からイメージのビルドまで紹介をします。

特に Docker の細かい知識が無くても、Docker の環境で Sitecore が動作するところまで、シリーズとして紹介をしていきます。

今回は第一弾として、Docker イメージのビルドについての記事をアップしました。

同じ手順を実施して検証をするためには、以下のものを揃えていただく必要があります。

  • Docker for Windows
  • Sitecore のライセンスおよびモジュールの準備

実際にはイメージのビルドは非常に時間がかかりますが(一度作れば後はらくらく)、その模様についてダイジェスト動画も YouTube にアップしています。