Sitecore Content Hub – ユーザー管理

今回は Sitecore Content Hub を利用するためのアカウント設定について紹介をします。アカウントの管理方法としては、Sitecore Content Hub のローカルアカウントを作成、もしくはシングルサインオンで他のシステムとも連携は可能です。

ユーザー管理ツールの利用

今回はユーザー管理の設定になるため、すべて管理画面としては「ユーザー」を利用します。ユーザーのアクセス方法は、管理アイコンを開き、ユーザーを開くことで利用できるようになります。

ユーザーを開く

モジュール

Sitecore Content Hub では契約により利用できる機能が異なります。このためユーザーの権限に対しても、どの機能を利用することができるのかを定義することができます。

ユーザー情報

上記の画面に掲載されているモジュールは、以下の機能を利用するための権限となっています。

  • コンテンツ – Content Marketing Platform
  • メディア – Digital Asset Management
  • 製品 – Product Content Management
  • プロジェクト – Marketing Resource Manager
  • プリント – Web 2 Print
  • Salesforce – Salesforce Marketing Cloud

上記の項目は、製品のライセンスに依存する権利となっています。それでは一般のユーザーの権限を設定することができる、ユーザーグループを参照していきます。

ユーザーグループ

ユーザーは複数のユーザーグループに所属することができ、ユーザーグループには利用できる権限を設定する形となります。Sitecore Content Hub のユーザーグループの割当てに関しては、基本的にはユーザーの権限を追加していくという考え方となっています。

ユーザーグループ一覧

ここでは新しいユーザーグループを作成します。ここでは Sample User Group というグループ名を設定し、利用できる機能を「メディア」だけとします。

ユーザーグループの作成

続いて、ユーザーグループのポリシーを設定します。ポリシーの画面に切り替える際には、ユーザーグループ一覧のページに戻り、設定のアイコンをクリックします。

ルールでは、今回はメディアファイルを利用するため アセット(M.Asset) を追加、読取り権限のみを設定します。

権限の編集

なおユーザーの権限は、以下のような項目を選択することができます。

ユーザー権限の項目

ユーザーをグループに割り当てる

実際に、検証用のユーザーを作成します。ここでは、Sample User というユーザーを作成し、先ほど作成したユーザーグループ Sample User Group を割り当てます。

サンプルのユーザーを割り当てる

ユーザーの権限を偽装して確認

実際に作成したユーザーの権限でどういう形で参照できるのか、確認をするためにユーザーの権限を利用して切り替える「Impersonate(偽装)」をして表示します。

ユーザーを偽装してアクセス

ここでは、アセットが表示される形となりますが、アセットの詳細を見ることができません。これはアセットに対しては読取り権限はありますが、アセットの詳細のページを利用するための権限が無いためです。

ユーザーグループに権限を追加する

改めてユーザーグループの編集画面に戻り、ポータルページ(Portal.Page)の項目を利用してルールを作成、今回は「アセットの詳細 ページ」に対して読取り権限を付与します。

ページへのアクセス権を付与

テストユーザーで検証

もう一度、テストユーザーに切り替えてアセットの詳細ページが参照できるか確認をします。

もう一度、テストアカウントでアクセス

アセットを検索すると、アセットの詳細ページを利用して完了しました。

まとめ

今回はユーザーの権限の設定方法、ユーザーの権限を確認する方法を紹介しました。アセットへの権限、ページに対する権限をユーザーグループに適用することで、ユーザー個別の設定をする必要はありません。

関連情報

Sitecore Content Hub – ページの考え方

ここでは Sitecore Content Hub のページの考え方について紹介をしています。管理画面のページの構成を変更したい、その場合ページのツールでどのように変更すのがいいか?という点を簡単に紹介しています。

ツールの構成とページに関して

管理ツールとして提供している「ページ」を利用することで、Sitecore Content Hub で利用することができるページを追加することができます。ページのツールを開くと、以下のような形で管理画面が表示されます。

ページの管理画面

このツールの左側に表示されている一覧がページの要素となります。左側に表示されている「コンテンツ」「アセット」「コレクション」「プロジェクト」「印刷」「作成」などが上のメニューに表示されていることがわかります。

ページをメニューに表示するかどうか、に関してはページの属性 Info タブの中に「メニュー表示を無効にする」の項目があります。これをチェックすることで、メニューに表示しないが、何らかのアクションがあるとページが開く、という形でページを作ることが可能となります。

メニュー表示の確認

ページの要素を確認する

実際に動作しているページの設定をみることで、ページのコンポーネントで用意されているものの利用方法を確認することができます。ここではアセットの詳細を表示するためのページ、「アセットの詳細ページ」を参照すると以下のようになります。

アセット詳細のページ

ヘッダーエリアには何らかのアクションをするためのコンポーネントとして「エンティティ操作」が配置されています。

またメインゾーンには、該当するエンティティの関連する情報が3つのエリアに分けて表示する形になっているのがわかります。ある程度準備されている Sitecore Content Hub のコンポーネントを利用することで、管理画面のカスタマイズを簡単に実施することができます。また、コンポーネントをカスタマイズで追加することも可能となっています。

まとめ

今回、簡単にページの要素に関して紹介をしました。Sitecore Content Hub の管理画面を構成するページを活用しながら、ユーザーの権限を組み合わせて利用できるページを決めていくことで、ユーザーごとにできる作業の内容について、管理することができるようになります。

関連情報

Sitecore Content Hub – 翻訳

管理画面に「翻訳」というツールがあります。このツールは、ツール自体が翻訳をすることはありませんが、翻訳をしたデータを管理するためのツールとなっています。これを利用することで、管理画面で利用する様々なリソースを翻訳し、多言語展開をするためのベースとして利用できる形となっています。

翻訳用語管理として

このツールでは、名前(ページの中で利用されている識別子)に対して多言語で管理をするための仕組みを提供しています。実際の管理画面は以下の通りです。

言語データの管理

言語を追加する手順に関しては、以下の記事で既に取り上げていますので参考にしてください。

インポート / エクスポート

Sitecore Content Hub で管理している様々なリソースに関して、この画面から Export (出力、ダウンロード)することができます。実際に Export のボタンをクリックすると、しばらくるとダウンロードに表示されます

エクスポートの手順

実際にダウンロードした Excel ファイルを参照すると、以下のようなファイル形式となっています。

このように、すでに Sitecore Content Hub で管理している様々なリソースのうち、翻訳に対応している項目をすべてエクスポートされていることがわかります。

このツールを利用することで、対象となる言語を追加した場合の手順の簡略化、用語の取り扱いに関して社内での翻訳用語に合わせたい、というニーズに素早く対応することができます。また、追加のページやコンポーネントを作成した場合も、このツールを利用することができるようになっています。

まとめ

翻訳を利用することで、Sitecore Content Hub で利用するリソースそれぞれに多言語でデータを持つことができるようになります。

関連情報

Sitecore Content Hub – オプションリストとタクソノミー

Sitecore Content Hub では定義済みのリストとしてはオプションリストとタクソノミーを提供しています。それぞれの仕組みに関して紹介をします。オプションリストとタクソノミーに関しては、管理画面からツールでアクセスすることができます。

オプションリスト

オプションリストのツールを開くと、以下のような画面になります。

オプションリスト

オプションリスト一覧の参照、検索ができるようになっています。実際に個別のリストを参照するために、NewsItemType をクリックすると以下のような画面になります。

NewsItemType を開く

上の画面は、すでにhomeFeatured の項目を選択している状況です。このように、オプションリストの個別の項目に対して識別子が指定されており、その識別子を表示する際のラベルの設定ができています。リストを選択した際に、アセットやデータを表示する際に、その表示言語のデータが入っていることで、同じ識別子を多言語で表示できるようになっています。

タクソノミー

ツールを立ち上げると、様々なタクソノミーの定義一覧がデフォルトで設定されています。

タクソノミー

タクソノミーは、オプションリストのように一覧で管理するだけでなく、システムで利用しているものも多くあります。例えば、M.Final.LifeCycle.Status というタクソノミーを参照すると以下のような形です。

タクソノミーの情報

タクソノミーの識別子に関しては一定のルールで記載することを推奨しています。例えば、M.Final.LifeCycle.Status のタクソノミーではアセットの承認状況に関する識別子として利用しており、Approved (承認済)であれば、M.Final.LifeCycle.Status.Approved という識別子となります。このタクソノミーはシステムで利用しているため、変更をすることはできません。

では別のタクソノミーとして、M.AssetType を開きます。

M.AssetType のタクソノミー

このタクソノミーについては、「ラベル」が指定されています。ラベルを利用することができる識別子に関しては、定義されているデータに対して多言語での表示が可能となります。これを利用して、実際のタグで英語では Water、日本語では 水、という形でタグを持つことが可能となり、このタグで検索をするということができます。

まとめ

Sitecore Content Hub で管理をするデータに関してはデータスキーマを拡張することができます。その際に、テキストなどの柔軟な項目ではなく、定義済みのリストを使ってその中から項目を選択する、という運用をするような場合、このオプションリストとタクソノミーを利用してください。

関連情報

Sitecore Content Hub – 日本語リソースの追加

今回は Sitecore Content Hub の管理画面に関する手順を紹介します。Sitecore Content Hub は管理画面として、英語のユーザーインターフェイスを提供しています。今回は、日本語のユーザーインターフェイスを追加する手順を紹介します。

言語の追加

Sitecore Content Hub の新しいインスタンスを立ち上げると、以下のように英語のユーザーインターフェイスになっています。

標準の管理画面

言語の追加に関しては、管理画面で実行することができます。右上にあるアイコンの右から2つ目のアイコンをクリックすることで、管理画面に移動することができます。

管理画面

言語の追加は「Portal Language」のツールになります。アイコンから選択するのもよいですが、上の検索ボックスを利用すると素早く見つけることができます。

Portal Language を選択

右上にある Portal Language のボタンをクリックして、 ja-JP の定義を追加します。

ja-JP の追加

これで言語の追加手順は完了しました。

リソースの追加

続いて日本語リソースを追加します。日本語のリソースファイルは Excel のファイル形式で提供しており、1つのファイルをインポートすることで、日本語の管理画面に切り替わります。

言語リソースの管理に関しては、管理画面にある Translation を選択します。

Translation を追加

Translation の画面の右上に、Import / Export のボタンがあります。今回は Import をクリックして、Excel のリソースファイルをインポートします。

言語リソースの追加

リソースの追加の実行状況に関しては、ユーザーの Jobs から確認することができます。

Jobs でインポートの状況を確認する

インポートが完了したあとは、次のステップに進んでください。

インポートが完了しました

キャッシュをクリアする

インポートしたリソースは随時反映されますが、キャッシュをクリアすることで即時反映させることができます。日頃の運用ではあまり利用しませんが、UI の変更やリソースの変更をした際には、キャッシュのクリアですぐに確認ができます。

手順は非常に簡単で、管理画面にある「Cache」ツールを起動して、クリアを実行するだけです。今回はすべてのキャッシュをクリアしました。

Clear all を実行

言語を切り替える

管理画面の言語に関しては、ユーザーが選択することができます。今回、日本語を追加したことで、言語選択のダイアログに日本語が追加されました。追加方法は、右上にあるプロファイルのアイコンをクリックして、「Change Language」をクリック、日本語を選択するだけです。

言語の切り替え

まとめ

以上の手順で、Sitecore Content Hub の管理画面において、日本語を使うことができるようになりました。同様に他の言語のリソースを作成、インポートすることで、Sitecore Content Hub の管理画面を多言語で利用できるように拡張することができます。

関連情報

Sitecore Content Hub の導入ガイド – はじめに

Sitecore Content Hub はデジタルアセット管理( DAM )、プロジェクト管理( MRM )、コンテンツマーケティング支援 ( CMP )、製品情報管理 ( PCM ) と様々な機能が提供されているプラットフォームです。この製品は SaaS ( Software as a Service ) として提供しており、インフラに関しては定期的に新機能が提供されている形です。

とはいえ、どういう風に最初は実装していくことができるでしょうか?このシリーズでは最初のステップを紹介していきます。

このシリーズの目次は別のページにまとめました。こちらをご覧ください(2020年3月13日追記)