Sitecore Content Hub CMP 概要

Sitecore Content Hub を活用するシナリオとして、コンテンツマーケティングを実践する際の支援ツール、Content Management Platform – CMP(以下 CMP) を提供しています。この機能は、Sitecore Content Hub DAM の標準機能としては提供しておらず、別途契約をする必要があります。

この CMP ではどのようなことができるのか、簡単に紹介をします。

コンテンツマーケティングとは?

CMP が利用できる Sitecore Content Hub の標準メニューには、コンテンツというメニューが追加されます。

コンテンツ メニュー

それぞれのメニューの役割は以下のようになります。

  • ワーク : 作成しているコンテンツのタスクを管理できます
  • 検索 : CMP で作成しているコンテンツを検索
  • カレンダー : コンテンツで設定されている公開日をもとにした公開カレンダーを参照できます
  • ストラテジー : 企業における戦略の一覧、および一覧に紐づいているコンテンツを確認することができます
  • アイデア : コンテンツを作る前のアイデアベースのものを投稿できます
  • キャンペーン: 企業で展開するキャンペーンの一覧、及びそれに紐づいているコンテンツを確認できます
  • レポート: CMP で作成をしているコンテンツの量など確認できます。レポートは随時カスタマイズができます

上記のようにコンテンツ制作に関するプロセス、そのコンテンツがどの戦略、キャンペーンに紐づいているのか、コンテンツはここに制作中なのか、いつ公開される予定なのか、などを参照できるようになります。ここでコンテンツを作成して、必要に応じて各システムに公開する、という運用が想定されたツールとなっています。

コンテンツタイプ

標準でコンテンツのタイプとして、ウェビナーやブログなど、一般的なコンテンツの形式を選択することができます。また、この項目は追加することが可能となっており、タクソノミーなどで管理することができます。

ワークフローの活用

CMP でコンテンツを作成する際に利用できるワークフロー図は以下のようになります。

ワークフロー

コンテンツ制作の最初のステップは「アイデア」もしくは「コンテンツ制作」から始めることができます。アイデアは、まだ製作は決まっていないが今後作ったほうが良い、アイデアベースのコンテンツとなります。この機能を作っておくことで、良いアイデアを残す仕組みを用意でき、かつコンテンツ制作にスムーズに進めることができます。

コンテンツ制作に関しても制作に入る前の下書き、そこから制作プロセス、レビューという形で進めることができます。公開の手続きのところで、トリガーとアクションを組み合わせて別の仕組みにデータを渡すこともできますし、Sitecore Connect for Sitecore CMP を利用する場合は、Sitecore のコンテンツ管理の仕組みと連携させることができます。

まとめ

コンテンツマーケティングを実践する上で、全てのプロセスを可視化、レポートを自動化するなどのニーズに応えることができるようになります。カレンダーを利用してスケジュールの可視化、キャンペーン毎のレポートなど、実際の業務で必要となる機能が提供されています。

この CMP がデジタルアセット管理の仕組みと連動しているため、コンテンツと画像やダウンロードする資料も含めて、Sitecore Content Hub の環境で作業が可能となります。

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください