Sitecore Content Hub – スキーマ定義について

Sitecore Content Hub は拡張可能なスキーマ定義を提供しており、これにより企業が利用したいデータの構造に合わせた形で、データの定義ができます。今回はスキーマに関しての内容を簡単に紹介をします。

スキーマとは

Sitecore Content Hub ではデータを「エンティティ – Entity」という形で管理をします。このエンティティの定義を編集するツールが「スキーマ」となります。管理画面からスキーマのツールを開くと、定義されているスキーマが一覧で表示されます。

スキーマリスト

M.Asset のスキーマ定義が、DAM のアセット管理で利用されている定義となっています。画面は以下の通りです。

スキーマの定義

グループとメンバー

上記に表示しているスキーマの定義に関して、利用している用語として2つ紹介をします。

グループ

グループはデータとしてまとめて処理をするための定義となります。上記の画面では左側のメニューに表示されているものが「グループ」となり、そこにデータを保存するための項目が定義される形です。下の画像のように、グループを切り替えることでそれぞれの定義を参照することができます。

メンバー

メンバーはデータを定義するための最小単位となります。メンバーとして利用できるものは、以前に紹介をした「オプションリストとタクソノミー」のように事前に定義しているものから選択するメンバー、もしくはテキスト(単一行、複数業、HTML など)を設定することができます。

メンバーの追加項目

このように、グループ、メンバーを利用してスキーマの定義ができるようになっています。

スキーマの拡張

今回はスキーマの拡張ということで、「概要」の項目に対して文字列を追加するという手続きを実施します。まず、対象となるグループを選択して「新規メンバー」をクリックします。必要な項目を入力して、公開することで変更が反映されます。

実際にアセットの編集項目を参照しにいくと、「デモ」という項目が追加されていることがわかります。

まとめ

今回は、Sitecore Content Hub で管理するデータ構造を定義するスキーマに関して紹介をしました。これにより、標準的なデータの持ち方+各企業で定義をしたいデータの持ち方という点で拡張ができるようになります。

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください