Sitecore Content Hub CMP 概要

Sitecore Content Hub を活用するシナリオとして、コンテンツマーケティングを実践する際の支援ツール、Content Management Platform – CMP(以下 CMP) を提供しています。この機能は、Sitecore Content Hub DAM の標準機能としては提供しておらず、別途契約をする必要があります。

この CMP ではどのようなことができるのか、簡単に紹介をします。

コンテンツマーケティングとは?

CMP が利用できる Sitecore Content Hub の標準メニューには、コンテンツというメニューが追加されます。

コンテンツ メニュー

それぞれのメニューの役割は以下のようになります。

  • ワーク : 作成しているコンテンツのタスクを管理できます
  • 検索 : CMP で作成しているコンテンツを検索
  • カレンダー : コンテンツで設定されている公開日をもとにした公開カレンダーを参照できます
  • ストラテジー : 企業における戦略の一覧、および一覧に紐づいているコンテンツを確認することができます
  • アイデア : コンテンツを作る前のアイデアベースのものを投稿できます
  • キャンペーン: 企業で展開するキャンペーンの一覧、及びそれに紐づいているコンテンツを確認できます
  • レポート: CMP で作成をしているコンテンツの量など確認できます。レポートは随時カスタマイズができます

上記のようにコンテンツ制作に関するプロセス、そのコンテンツがどの戦略、キャンペーンに紐づいているのか、コンテンツはここに制作中なのか、いつ公開される予定なのか、などを参照できるようになります。ここでコンテンツを作成して、必要に応じて各システムに公開する、という運用が想定されたツールとなっています。

コンテンツタイプ

標準でコンテンツのタイプとして、ウェビナーやブログなど、一般的なコンテンツの形式を選択することができます。また、この項目は追加することが可能となっており、タクソノミーなどで管理することができます。

ワークフローの活用

CMP でコンテンツを作成する際に利用できるワークフロー図は以下のようになります。

ワークフロー

コンテンツ制作の最初のステップは「アイデア」もしくは「コンテンツ制作」から始めることができます。アイデアは、まだ製作は決まっていないが今後作ったほうが良い、アイデアベースのコンテンツとなります。この機能を作っておくことで、良いアイデアを残す仕組みを用意でき、かつコンテンツ制作にスムーズに進めることができます。

コンテンツ制作に関しても制作に入る前の下書き、そこから制作プロセス、レビューという形で進めることができます。公開の手続きのところで、トリガーとアクションを組み合わせて別の仕組みにデータを渡すこともできますし、Sitecore Connect for Sitecore CMP を利用する場合は、Sitecore のコンテンツ管理の仕組みと連携させることができます。

まとめ

コンテンツマーケティングを実践する上で、全てのプロセスを可視化、レポートを自動化するなどのニーズに応えることができるようになります。カレンダーを利用してスケジュールの可視化、キャンペーン毎のレポートなど、実際の業務で必要となる機能が提供されています。

この CMP がデジタルアセット管理の仕組みと連動しているため、コンテンツと画像やダウンロードする資料も含めて、Sitecore Content Hub の環境で作業が可能となります。

関連情報

Sitecore Content Hub – トリガーとアクション

Sitecore Content Hub の基本機能として、エンティティの変更に合わせてトリガーとアクションを設定することができます。今回は、どのようにトリガーを設定して、アクションと連携させるのかに関して紹介をします。

トリガーとは

トリガーを設定するツールには、管理画面からアクセスすることができます。

トリガー管理画面

トリガーでは、標準で設定されているものが契約によって含まれているケースがあります。この画面では、CMP で利用するトリガーが設定されていることがわかります。

トリガーの画面の新規作成は以下のような形で、どのエンティティが変更されたのか?という条件を設定し、それに紐づくアクションを設定する形です。

トリガー作成

アクションとは

何らかの処理を実行したい、という定義をするものがアクションとなります。アクションに関しても、管理画面からアクセスすることができます。

アクション

新規アクションを作成する場合、以下のようなダイアログが表示されます。

新規アクション

アクションで実行できる形式は以下のようになります。

  • API 呼び出し
  • Azure Event Hub
  • Azure Service Bus
  • M Azure Service Bus
  • アクション スクリプト
  • エンティティ生成ジョブのインサウt
  • ステートマシーンの開始
  • レポートチャンネル

このブログでよく紹介することになるのが、Azure Service Bus との連携になるかと思います。

トリガーとアクション

設定の手順として以下のような形となります。まず、トリガーで条件を設定します。ここではアセットに対して自動タグが生成された場合のトリガーを作成しています。

トリガーのサンプル

このトリガーが呼び出しをしているアクションは以下のような形で定義をしています。

アクションの設定

あとは Azure Service Bus にメッセージが送信された際に、Logic App のアプリケーションを動かして、タグで設定されている英語の情報を機械翻訳で自動的に日本語に変更する、という処理を自動的にできるようにしました(作り方に関しては後日紹介予定です)。

まとめ

このように、トリガーとアクションを組み合わせることで、Sitecore Content Hub のエンティティの変更に合わせて、自動処理を実行することができる、というのを紹介しました。今後、この仕組みを利用したサンプルなども提供していきます。

関連情報

Sitecore Content Hub – エンティティ

前回、データの定義の方法ということで「スキーマの定義」に関して紹介をしました。今回はその定義を利用したデータ、エンティティに関して紹介をします。

エンティティとは

エンティティとは Sitecore Content Hub で管理をするデータの単位となり、定義されているスキーマの構造によって、エンティティの管理するデータの構造が変わる形となります。

エンティティ一覧を開く

エンティティのツールを利用することで、データを確認することができます。

エンティティの確認

では実際にエンティティツールで表示されている一覧から、View Detail をクリックして詳細を参照します。

エンティティを参照

データを見ると、スキーマの定義に対してどういうデータを設定しているか、という詳細の情報を見ることができます。検索では、タクソノミーで検索、文字列で検索などを実行できるため、対象となるエンティティを指定して、細かいデータを見ることができるようになります。

Web サービス経由でアクセス

エンティティとして管理している情報は、アセットであれば以下のように画面で登録情報を確認することができます。

エンティティを表示するアセット詳細ページ

該当するエンティティに対して、Web サービス経由でアクセスをして JSON 形式のデータを取得することができます。

まとめ

エンティティに入っているデータを確認することができました。データの構造をスキーマで定義をして、エンティティという形でデータを持つことができます。入力されたデータのステータスやワークフローの状態なども Entity の詳細を参照することで、現在の状況がどういうデータになっているのかを確認することができます。

関連情報

Sitecore Content Hub – スキーマ定義について

Sitecore Content Hub は拡張可能なスキーマ定義を提供しており、これにより企業が利用したいデータの構造に合わせた形で、データの定義ができます。今回はスキーマに関しての内容を簡単に紹介をします。

スキーマとは

Sitecore Content Hub ではデータを「エンティティ – Entity」という形で管理をします。このエンティティの定義を編集するツールが「スキーマ」となります。管理画面からスキーマのツールを開くと、定義されているスキーマが一覧で表示されます。

スキーマリスト

M.Asset のスキーマ定義が、DAM のアセット管理で利用されている定義となっています。画面は以下の通りです。

スキーマの定義

グループとメンバー

上記に表示しているスキーマの定義に関して、利用している用語として2つ紹介をします。

グループ

グループはデータとしてまとめて処理をするための定義となります。上記の画面では左側のメニューに表示されているものが「グループ」となり、そこにデータを保存するための項目が定義される形です。下の画像のように、グループを切り替えることでそれぞれの定義を参照することができます。

メンバー

メンバーはデータを定義するための最小単位となります。メンバーとして利用できるものは、以前に紹介をした「オプションリストとタクソノミー」のように事前に定義しているものから選択するメンバー、もしくはテキスト(単一行、複数業、HTML など)を設定することができます。

メンバーの追加項目

このように、グループ、メンバーを利用してスキーマの定義ができるようになっています。

スキーマの拡張

今回はスキーマの拡張ということで、「概要」の項目に対して文字列を追加するという手続きを実施します。まず、対象となるグループを選択して「新規メンバー」をクリックします。必要な項目を入力して、公開することで変更が反映されます。

実際にアセットの編集項目を参照しにいくと、「デモ」という項目が追加されていることがわかります。

まとめ

今回は、Sitecore Content Hub で管理するデータ構造を定義するスキーマに関して紹介をしました。これにより、標準的なデータの持ち方+各企業で定義をしたいデータの持ち方という点で拡張ができるようになります。

関連情報

Postman の活用

今回は開発、テストをする際に便利な Postman を紹介します。このツールは、Sitecore Content Hub や Sitecore Experience Platform / Commerce でも Web サービス連携での開発の際に、非常に便利なツールとなっています。

Postman とは?

Web サービスへの投稿、結果の取得など開発ツールを利用してデータを出力して、という作業はあまり効率的ではありません。Postman は Web サービスに対してアクセスをして、その結果を確認することができる非常に便利なツールです。

基本、無料で利用できるようになっており、有料プランを利用することでチームでの開発が効率よく行えるようになります。

ダウンロード

ツールのダウンロードは以下のサイトにアクセスすることで可能です。

Postman ダウンロード

対応 OS は Windows x32 / x64 、macOS 、Linux となっています。環境に合わせてインストールをしてください。

環境の作成、動作

画面の構成としては、左側に Web サービスにアクセスするための参考のデータが表示され、中央から右側に処理をしたいデータを設定、入力することができるようになっています。

ソフトウェアによっては、Postman を利用するための参考データを提供しています。Sitecore Experience Commerce は SDK として、Sitecore Content Hub でもトレーニングで利用するサンプルのデータがあります。

画面の右上には環境を選択することができるドロップダウンボックスがこの画面ではあります。最初は何も環境が設定されていないため、環境に関しては作成をする必要があります。

環境一覧

環境の変数を設定することで、サーバーの URL やパラメーター関連でよく利用するものを定義し、Web サービスを呼び出すリクエストはその変数を利用して動作させるということが可能です。

環境変数の確認

実際に呼び出しをするWeb リクエストにおいては、以下のような形で上記のパラメーターを利用することができるようになります。

サンプルリクエスト

実際に実行をすると、Response にデータが表示されます。HTTP の実行結果はこのサンプル画面は 200 と表示されており、問題なくデータを取得することができました。

実行結果を確認することができます

まとめ

Postman に関して簡単に紹介をしました。このツールの使い方を紹介しているブログなども多くありますが、機能はシンプルで、非常に使い勝手が良いものです。無料プランでも個人で作成した環境を複数のマシンで共有することができ、また有料プランになると複数人数での共同作業もできるようになります。

今後もこのブログでたまに Postman が出てくる形になるかと思います。

Sitecore Content Hub – 一括アップロード

ファイルをドラッグ & ドロップでアップロードするだけでなく、一括でアップロードする方法があります。ここでは、その手順に関して紹介をします。

インポートリンク

ファイルアップロードのダイアログにおいて、インポートリンクというタイプを選択することができます。これを利用することで、URL にあるファイルを指定して、サーバー側でアップロードをする、ということができます。

インポートリンクを利用するメリットは、サーバー側で処理をするためファイルの大きなデータに関して、バックグラウンドでインポート処理をするということが可能となります。大量のデータのインポートの際に活用できます。

Excel インポート

Excel ファイルにアップロードするファイルの情報を記載しておき、ファイルをアップロードすることで、インポートリンクと同様の手続きを実行することが可能です。URL を利用したインポートリンクとは異なり、ファイルの属性もまとめてインポートをすることが可能です。

まず、Excel インポートに関しては標準の環境ではオンになっていないので、機能を使えるように Sitecore Content Hub のページの機能を変更します。手順としては、今回の該当するページの「作成」の右上のエリアにある標準のファイルアップロードを無効にし、新しく「作成」ボタンを配置、通常のアップロードと Excel インポートの2つの機能を有効にする形です。

Excel インポートの追加

準備ができたところで、今回は以下のような Excel ファイルをアップロードします。

インポートする Excel ファイル

ファイルの Title、ファイルの URL および Description が定義されています。通常、ファイルをアップロードするだけでは Description は空欄となりますが、デフォルトの値を入れてアップロードすることができます。これと同様に、アセットのタイプやタグ付などをして、一括でアップロードすることで、オフラインで事前に設定をして、登録作業を軽減させることができます。

Excel で一括インポートを実行

今回は、Description も一緒にインポートをしたため、以下のようにファイル名、タイトルだけでなく、説明にも文章が入っていることがわかります。

説明に文章が追加されている

まとめ

個別にファイルのアップロードをするだけでなく、一括でファイルのアップロードをするための2つの方法を紹介しました。Excel インポートを追加するためのコンポーネントは汎用性があり、様々なデータをインポートするためのコンポーネントとしても設定を変更して利用することもできます。

関連情報

Sitecore Content Hub – アップロード

ここでは様々なメディアファイルを Sitecore Content Hub にアップロードをしていきます。アップロードの手順と合わせてアップロードを進めていきます。

なおこのページで紹介しているデモ画像に関しては、一部早送りをしています。ご了承ください。

画像ファイル

アップロードに関しては、メニューから「作成」を選択し、「ファイルアップロード」を実行することでファイルのアップロードを続けることができます。

ファイルをアップロード

画像ファイルのアップロードであれば、ファイルを指定してドラッグ&ドロップでアップロードができます。アップロードが完了した段階で、各画像のサムネイルが作成されていることも確認できます。

ビデオファイル

ビデオのファイルも同様にアップロードが可能です。画像のアップロードと同様に、ファイルをドラッグ&ドロップで完了です。

ビデオのアップロード

上記の画像のように、動画のサムネイルに関してはどのような動画か、マウスカーソルを合わせると動くような形になっています。

文書ファイル

続いて PDF のファイルをアップロードします。手順は同じくドラッグ&ドロップで実行します。

PDF ファイルのアップロード

PDF ファイルをアップロードした場合は、1ページ目がサムネイルとして採用されます。

Office ファイル

続いて、PowerPoint、Excel や Word ファイルをアップロードします。同様にドラッグ&ドロップで配置します。今回は3つのタイプのファイルを同時にアップロードしています。

Office ファイルをアップロード

Office のファイルの場合も、Word ファイルの1ページ目、Excel のシート1枚目、PowerPoint のスライド 1 枚目がスライドになっていることがわかります。

ファイルのプレビュー

アップロードしたファイルのプレビューをすることができます。各ファイルがアップロードされた際に、プレビューとして必要な画像も準備されているため、素早く確認することができます。

各ファイルのプレビュー

また PowerPoint のファイルに関しても、プレビューでスライドを参照することも可能です。

PowerPoint ファイルをプレビュー

まとめ

上記のように、ファイルを個別にアップロードする方法を紹介しました。例えば今回アップロードした PowerPoint のファイルは 120MB のサイズでした。画面で見るためのプレビュー画像を事前に用意しているため、手軽に見ることが可能です。

またアップロードしているファイルは、ユーザー自身がアップロードしているファイルのみが見えるだけとなっており、他のユーザーのファイルは出てこないため、安心して作業ができます。

関連情報